Jump for Joy 6.5% 37.5cl
Jump for Joy 6.5% 37.5cl
Jump for Joy 6.5% 37.5cl

Jump for Joy 6.5% 37.5cl

Barbaric WORKS

通常価格
1,550 JPY(Tax in)
通常価格
セール価格
1,550 JPY(Tax in)
単価
あたり 
公開状況
Sold out

Barbaric WORKSから待望のバレルエイジが発売。作り手にとっての一作目へのこだわりはBarbaric WORKS ブルワリーノートを原文のまま感じていただければ。

〜Barbaric WORKS ブルワリーノートより〜
喜びで飛び跳ねるって名前と捉えてくれれば嬉しいです。もちろん1番やりたかったことをカタチにしていく僕らが1番、リリースのこの日まで楽しんでたかもしれません。もちろんリリースまで楽しいだけではなく、Barrel Agedのスタートラインに立つまでにはたくさんのことがありました。2017年の10月に大切な仲間でもあるAJBのNew Brewery Partyにお招きして頂いた時に目にした彼らが保有するBarrelの数、そして参加している各社のBrewer達もすでにBarrelに取り組んでいました。もちろん僕らも頭の中では構想はしていたのですが、何一つ行動に移せていない自分達に帰りの高速道路の車内でモヤモヤしながら茅ヶ崎まで帰ったのを鮮明に覚えています。そこからすぐ日本中の好きなワイナリーに声をかけたのですが、どれでも良いのではなく僕らが理想としている味わいに近づけてくれそうなBarrelに出会うのはなかなか困難な道のりでした。何を造るにしても目標や理想があるものです。Barrelと出会う日までどのようなビールを造るか、近づけば嬉しいなとレシピを考えていたところ、名前は伏せますが2018年10月に某ワイナリーからBarrelが2本届きました。モヤモヤした日から1年が経ってしまっていましたが、ずっと探していたものが手に入った日は経過した月日を忘れ、なんとも言えない喜びでした。翌日にベースとなるベルジャンアンバーの仕込に取り掛かり無事に1回目の発酵も終わり、そこから念願のBarrelに移動させ、ただそこに眠らせるのではなくやりたかったことの1つでもある自然酵母での発酵をBarrel内で行うこと。 その酵母は新潟の知人にお願いし、新潟で作られている干柿農家さん7軒から取り寄せ、干柿に付着している酵母で発酵を促すというエキサイティングな試みでした。その為には酵母のエサとなる糖分が必要で、この時期に旬を迎えるlocalのみずみずしい金柑とふっくらと艶のある柿をそれぞれ投入し、それから1年7ヶ月という時間を経て、ブレンドした後、Bottle condition(瓶内発酵)し今日に至りました。フレンチオーク樽からの恩恵は素晴らしく、ベースのビールとの共存で熟した濃厚な果実感の中にさりげないバニラのアロマ、金柑の爽やかなアロマと柿の甘く少しトロッとしたフレーバー。ワインみたく心地よい穏やかな酸が表現されています。まだ寝かせても面白く変化するかもしれません。僕らのBarrel処女作でもある""Jump for joy""、ぜひ皆さんにも楽しんでいただけたら。目指してたビールですか?ぜひ飲んでみて想像してみてください。
Belgian Amber aged in wine barrels for 18 months with secondary fermentation by wild yeast taken from Persimmon fruits in Niigata, fermented together with local Shizuoka kumquat. Vanilla in the aroma together with some citrusy notes from the kumquats. The persimmon comes through more in the flavor, together with some acidity from the fermentation. Might become even more interesting if you age it for another couple of years!


Barbaric WORKS
BarbaricWorksは、原始的、野蛮な意味の通り近代的な設備を使いながらも、先人たちが行ってきた仕事を大切に考え、非合理的な仕事と手間暇をかけて造るクラフトビール。様々なカルチャーにそっと寄り添うをテーマに、湘南・茅ヶ崎にて2016年より活動中。
Barbaric Works might sound a bit primitive, but despite the name they use modern equipment while at the same time respecting their predecessors hard work. They are located in Kanagawa and started brewing in 2016 and aims to incorporate different cultures in their beer making.

* 要冷蔵
 Keep refrigerated.
* 未成年者の飲酒は法律で禁止されています
 Under-aged drinking is prohibited by law.