隆 純米吟醸 火入れ 亀の尾55 2018年度醸造
隆 純米吟醸 火入れ 亀の尾55 2018年度醸造
隆 純米吟醸 火入れ 亀の尾55 2018年度醸造

隆 純米吟醸 火入れ 亀の尾55 2018年度醸造

川西屋酒造 / 神奈川

通常価格
2,255 JPY(Tax in)
通常価格
セール価格
2,255 JPY(Tax in)
単価
あたり 
公開状況
Sold out

キャンディや、蜜のような甘い香りが漂うが、飲み口は軽快でキレを感じる。
後からくるハーブやメンソールのようなニュアンスは、これからの季節には何とも心地よい。
オリーブオイルやスパイスを使ったお料理に是非合わせていただきたい。

55度まで上げると、冷酒で感じたキレはどこへやら、米の甘味、旨味、ジューシーさが増し、このお酒のポテンシャルに気付かされる。

55度からの下り燗もまた良く、徐々に穏やかさを戻しつつも、米の旨味はそのままに、冷酒から燗酒まで楽しんでほしい逸品だ。

オススメの飲み方:冷酒、熱燗

Sweet aroma reminding of candy and honey, but the taste is more light and dry. Some herbal and menthol-like aftertaste, which makes this sake perfect for the summer.
Try it with some spicy food!

If you heat it up to 55 degrees the light and dry aftertaste disappears, and instead the juicy sweetness from the rice combines with rich umami flavors which really shows this sake's potential.
When the sake cools down below 55 degrees it becomes more and more light but with the umami flavors remaining.

Recommended way of serving: cold or hot.

 

<川西屋酒造店>

“最高の酒米で最高の純米酒を造る”

1897年(明治30年)より酒造りを始めた川西屋酒造店は、神奈川県小田原より南にある足柄上郡に所在。

古くから燗酒を平盃にお酌されて飲むのが地位のある方の飲み方であり、また、王道で馴染みのある飲み方でもあったが、ここ近年、冷酒の方が好まれる傾向にあり、熱燗文化が衰退しつつある。

川西屋酒造ではお燗酒の素晴らしさを伝えるべく、閉ざすことなく、創業123年を迎えた現代でも、“5年後10年後も変わらない日本酒を造り続けていきたい”と言う。

神奈川県の西の端、酒匂川流域に広がる足柄平野の上のほう、南足柄と開成町にある水田で作られる、酒造好適米“若水(わかみず)”。

先代が地元の酒米で日本酒を造りたいと地元の農家さんに頼んで最初は山田錦を作っていたが、正直あまり良いお米が出来ず、もう少し背の低い酒米を探していたところ、“若水”を作付けすることになり、現在では蔵の代表的な酒米になった。
若水を使用した代表作は、隆シリーズより「白ラベル」。
麹米、掛け米共に若水のみを使用。
柔らかい米質なので扱いは難しく、近隣の酒蔵も使っていたが、現在は数件しか使っていない。

“最高の酒米で最高の純米酒を造る”を信条に、米の味わいから成る“ふくらみ”と“後キレの良さ”との両立を目指し、酒がひとり目立つのではなく、料理と合わせて お互いの美味しさをさらに引き立てあうお酒を日々追求し、スタンダードはスタンダードらしく、チャレンジはチャレンジとして毎年醸造している。

酒米ごとの個性を生かした純米吟醸“隆シリーズ”と、タンク熟成によって生まれる旨みや枯れた味わいをお燗で楽しむ“丹沢山・丹澤山シリーズ”があり、どちらも手造りでしか出せない味を大切にしている。

Kawanishiya Shuzoten
“Brewing the best Junmai-shu from the best sake rice”Kawanishiya Shuzo is located in the village of Ashigarakami, slightly south of Odawara in Kanagawa prefecture, where they have been brewing sake since 1897.
In the past, it was only the people of higher standing that were being served hot sake in flat sake cups. This way of drinking then spread, and became the most common way of drinking sake. Recently however, drinking sake cold has become more and more popular, and the tradition of drinking hot sake is on the decline.
Kawanishiya Shuzo wants to spread the drinking of warm sake, and still now after brewing for 123 years, they want to “continue making the same sake even 5 years or 10 years from now”.

In the furthest west part of Kanagawa prefecture, in the north parts of Ashigara plains in the Sakawa river basin, lies two towns, Minamiashigara and Kaisei which are famous for their Wakamizu-rice, a rice perfect for sake.
Already when they started, they wanted to use rice produced in the region, so they asked the local farmers to produce rice. The farmers started out with Yamada Nishiki-rice, but did not manage to produce good quality rice with that variant, so they decided to try with a variant with shorter rice plants. What they came across was Wakamizu, which has since become the rice that the brewery has become famous for.
The sake showcasing this rice the best is the White Label from the Ryu series. In this, they use Wakamizu both for the koji and for the sake itself. The rice is in itself very soft, which makes it hard to handle, and now there are only a few breweries left using it.
With “brewing the best Junmai-shu from the best sake rice” as their motto, they aim to produce sake with a perfect balance between the roundness and the crispness from the rice. None of their sake really stands out, but instead they are perfect for pairing with food.
In their Ryu series of sake, they produce Junmai Ginjo with the aim to showcase the taste of different rice, and in their Tanzawasan series they age the sake on tanks, which helps bring out the umami flavors when you heat it up.

https://kawanishiya.wixsite.com/kawanishiya

  • 原料米:2018年産 宮城県黒澤米亀の尾 100%使用

    精米歩合:55%

    アルコール:15%

    日本酒度:+7

    酸度:1.5

    使用酵母:協会701



    “隆”

    酒米シリーズとして展開。

    代表作の若水をはじめ、五百万石、美山錦、亀の尾、阿波山田錦、播州山田錦、備前雄町、など、ワインは葡萄品種それぞれの味があるように、お米もそれぞれの特徴を楽しんでいただきたい、という思いで醸造開始。

    丹沢山が先にあったことから“丹沢山を更に越えるようなお酒を造りたい”という想いもあり、山のように盛り上がる“隆起”という意味や、“更に上を目指して”という意味合いも込めて“隆”と名付けた。

    生原酒と一度火入れ(瓶燗火入れ)の2種類があり、瓶燗火入れをする際、生原酒の香りを少し残すために火入れ直後に冷却しているため、それぞれの酒米の香りも楽しめ、特徴をうまく表現している。


  • BRAND: 川西屋酒造 / 神奈川
  • ARTIST: 川西屋酒造 / 神奈川

* 要冷蔵
 Keep refrigerated.
* 未成年者の飲酒は法律で禁止されています
 Under-aged drinking is prohibited by law.